【読売新聞の年収】No1発行部数の社員はあり得ない程の高額年収を貰っていた!?

読売新聞東京本社ってどんな会社?

読売新聞東京本社は、首都圏を中心とした関東と北海道、東北、甲信越、静岡県、北陸(福井県は除く)の各地方並びに東海3県(三重県伊賀地方は除く)向けに読売新聞を印刷・発行する読売新聞の地域本社で、読売グループの中核企業です。

2002年に読売新聞グループの再編により、東日本の読売新聞発行本社であった株式会社読売新聞社がグループ持株会社及び読売新聞社の法人事業継承会社として株式会社読売新聞グループ本社と、読売新聞社の編集・発行事業継承会社として株式会社読売新聞東京本社の2社に会社分割しました。読売新聞は、株式会社読売新聞東京本社、株式会社読売新聞大阪本社及び株式会社読売新聞西部本社が発行する世界最多の発行部数を有する新聞であるとされています。販売部数は朝刊が約1000万部、夕刊が約300万部であり、朝日新聞日本経済新聞を上回ります。

スポンサードリンク

読売新聞東京本社の年収は!?

年収事例は、

26歳 650万円 編集
30歳 800万円 記者
35歳 800万円 編集
43歳 1300万円 編集

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 480 37歳 1322
24歳 542 38歳 1389
25歳 613 39歳 1458
26歳 693 40歳 1531
27歳 783 41歳 1592
28歳 845 42歳 1656
29歳 913 43歳 1722
30歳 986 44歳 1791
31歳 1025 45歳 1863
32歳 1066 46歳 1937
33歳 1109 47歳 2015
34歳 1153 48歳 2095
35歳 1199 49歳 2179
36歳 1259 50歳 2266

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

読売新聞東京本社の年収は高い!?低い!?

読売新聞グループは読売ジャイアンツも保有する巨大企業であり、その社員の年収も相当高水準であることが伺えます。日本最大の新聞社であり、同時に世界最大でもあります。朝刊で1000万部という数字は、およそ世帯数が5000万世帯と言われている日本で考えると5世帯に1部の割合で購読されているということになり、その規模、シェアが驚く程高いことが伺えます。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系メディア業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA