【JR東海の年収】インフラ業界最強!!超エリート集団の年収が信じられない!?

東海旅客鉄道(JR東海)ってどんな会社?

東海旅客鉄道(JR東海)は、1987年に日本国有鉄道新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つであり、東海道新幹線を軸として東海・甲信・近畿地方および神奈川県と富山県の一部に路線を持っています。日本の鉄道の大動脈である東海道新幹線を運営することから東京・大阪にも本社および営業拠点があります。

営業キロ数はJR四国に次いで短く、鉄道部門の収益のうち約85%を東海道新幹線が占めており、在来線の運輸収入は東海道新幹線の1割にも満たない状況です。

ただ、逆に言うと、この東海道新幹線を保有していることが最大の武器でもあり、JR東海を確固たる地位に至らしめる要因でもあります。

スポンサードリンク

東海旅客鉄道(JR東海)の年収は!?

公表されている基礎データは、

平均年齢は37.3歳
平均勤続年数は14.7年
平均年収は716万円

となっており、年収事例は、

26歳 500万円 管理部門
28歳 600万円 管理部門
33歳 1000万円 管理部門
45歳 1200万円 企画
(上記はポテンシャル採用)

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 400 37歳 1244
24歳 448 38歳 1300
25歳 502 39歳 1358
26歳 562 40歳 1419
27歳 629 41歳 1476
28歳 730 42歳 1535
29歳 847 43歳 1597
30歳 982 44歳 1660
31歳 1012 45歳 1727
32歳 1042 46歳 1792
33歳 1074 47歳 1861
34歳 1106 48歳 1931
35歳 1139 49歳 2005
36歳 1190 50歳 2081

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

東海旅客鉄道(JR東海)の年収は高い!?低い!?

企業規模では東京圏の鉄道路線を抱えるJR東日本に適いませんが、日本の交通大動脈である東海道新幹線を運営しているため、極めて経営基盤が強く、そのため年収も高く、入社難易度もJRグループ最難関と言われています。機械、電気系の優秀な学生にとって、同社への入社は最高レベルの勝ち組扱いになります。

今話題のリニアモーターカーもJR東海が開発しており、難易度、年収、経営戦略等を総合的に踏まえると、管理人としてはダントツで1番のJR企業だと思います。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系インフラ業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA