【JR東日本の年収】規模は日本最大!!収益はイマイチ!?年収はJR東海以下!!

東日本旅客鉄道(JR東日本)ってどんな会社?

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、1987年に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つであり、東北地方全域(青森県の一部を除く)、関東地方全域(神奈川県の一部を除く)、新潟県の大部分、山梨県・長野県のそれぞれ約半分、静岡県の一部地域を営業区域としており、JRグループの中で最も企業規模が大きい企業です。

主な売上は日本の人口の3割強が住む大都市圏東京圏での事業と新幹線事業です。主な事業内容は鉄道事業、生活サービス事業、Suica事業の3本柱となっています。

スポンサードリンク

東日本旅客鉄道(JR東日本)の年収は!?

公表されている基礎データは、

平均年齢は41.5歳
平均勤続年数は17.3年
平均年収は702万円

となっており、年収事例は、

29歳 550万円 技術
31歳 700万円 技術
33歳 750万円 営業
40歳 1050万円 営業
(上記はポテンシャル採用)

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 400 37歳 996
24歳 440 38歳 1046
25歳 484 39歳 1098
26歳 532 40歳 1153
27歳 586 41歳 1211
28歳 644 42歳 1272
29歳 709 43歳 1335
30歳 779 44歳 1402
31歳 803 45歳 1472
32歳 827 46歳 1546
33歳 852 47歳 1623
34歳 877 48歳 1704
35歳 904 49歳 1789
36歳 949 50歳 1879

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

東日本旅客鉄道(JR東日本)の年収は高い!?低い!?

JRはポテンシャル採用と、プロフェッショナル採用とで枠を分けており、いわゆる総合職はポテンシャル採用にあたります。ポテンシャル採用は、プロフェッショナル採用と比べて採用人数も10分の1程度で、少数精鋭であることが伺えます。当然年収水準も異なり、ポテンシャル採用は、社会インフラ企業としてのイメージ通り水準は高めです。JRグループで言うと、前述の通り日本で一番規模が大きいのは同社ですが、経営基盤や年収等を考慮するとJR東海には劣ると言われています。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系インフラ業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA