【2014年卒向け文系就職偏差値ランキング】アベノミクスで積極採用開始!!

2014年卒向け文系就職偏差値ランキング

2014年卒向け文系就職偏差値ランキングです。就職偏差値ってどういう意味であるかについては、2010年卒向け版の記事にて説明しましたので、そちらを参照ください。2014年卒向けということは、2013年春の就職活動時になりますね。2013年春頃はアベノミクスが始まり、だんだんと景気がよくなってきている状態です。株価も最悪期の8000円から12000円前後まで上がってきており、だいぶ企業の健康状態も回復してきていました。では、そんな経済状況下での文系就職偏差値ランキングを見てみましょう。

スポンサードリンク

文系向け就職偏差値!!

[70] 日本銀行
[69] 野村(コース別) 国際協力銀行 三菱総研
[68] 政策投資銀行 フジテレビ 三井不動産 三菱地所
[67] 東証 みずほ(GCF) 三菱商事 日本郵船 日テレ 講談社 集英社 小学館 野村総研(con)
[66] 三井物産 JR東海 NHK 三菱東京UFJ(CIB) みずほ(IB) TBS テレ朝 読売 朝日 電通
     新日鐵住金 JXエネ 商船三井 P&G(mkt)
[65] 郵政(HD) 住友商事 JFE テレ東 準キー 博報堂 任天堂
[64] JRA 関電 伊藤忠 国際石油帝石 旭硝子 トヨタ 共同通信 日経 三菱化学 全銀協
[63] 小田急 京王 阪急 東急 丸紅 ホンダ 東急不動産 東ガス サントリー 三菱重工 味の素
     農林中金 信越化学
[62] 川崎汽船 昭和シェル 富士フイルム キリン 住友不動産 東京建物 中電 JR東 東京メトロ ドコモ
[61] 大阪ガス 東燃ゼネ 出光 住友化学 住友電工 花王 日清製粉 アサヒ 中日 毎日 時事 JR西
     ソニー 日産
[60] 京阪 大和証券(CM) 電源開発 キヤノン デンソー JT KDDI 郵便事業 NEXCO中 東京海上
     日立
[59] 三菱UFJ信託 首都高速 コスモ 豊田通商 東レ 旭化成 富士ゼロ 神戸製鋼 川崎重工 コマツ 
     森トラスト 産経 日揮 郵便局 キーエンス ANA 双日 NEXCO東西 他の地電
[58] 近鉄 住友信託 ADK ブリヂストン 三菱マテ 住友鉱山 資生堂 日東電工 三菱電機 東芝
     リコー リクルート 野村不動産 ファナック 武田薬品 アステラス 森ビル 富士通 マツダ 三菱倉庫
     三菱東京UFJ(OP) NTTデータ
[57] 阪神高速 JX金属 JSR 村田製作所 豊田織機 日揮 NEC 郵貯 かんぽ 第一三共
     日本生命 MS海上 住友3M SMBC JFC NTTコム
~2ch.scより引用~

スポンサードリンク

2013年卒向け文系就職偏差値からの変更点

2013年卒向けの2012年から2014年卒向けの2013年は、経済状況が大きく改善され始めた最初の年であり、全体的に景気は良くなってきています。比較すると、リーマンショックで大きく経営が傾いた企業のうち、この波に乗って大きく回復した企業は偏差値が上がっていますが、逆に波に乗れずに損失を出してしまっている企業は大きくランクを下げています。顕著な例を以下に纏めてみました。

ソニー」・・・[64]⇒[61]

サントリー」「ホンダ」・・・[61]⇒[63]

大和証券CM」・・・[55]⇒[60]

(上記のリンクから、その企業の年収記事を参照できます。)

顕著なのは、例年高難易度で有名であったソニーが大きくランクを落としています。パナソニックや、シャープはランキング外となっており、その理由が業績不振かどうかは定かではありませんが、ソニーは両年共にランクインしているにも関わらず、3ポイントも下落しています。これは、円安により、業績回復が見込まれていた状況の中、大きく損失を計上したのが大きな理由でしょう。逆にサントリーホンダは、波に乗って大きく収益が改善されたことが要因かと思います。不可解なのは大和証券CMで、そもそも、2013年卒向けでは、低く評価され過ぎだったことと、大和証券の業績回復により5ポイントも上げています。ちなみに大和証券CMは、現在大和証券に吸収されていますが、詳細は大和証券のリンクをご参照ください。

理系学生にとっての就職偏差値はこちら。
理系就職偏差値

日系一流企業の年収はこちら。
日系一流企業の年収

外資系企業の年収はこちら。
外資系企業の年収

スポンサードリンク

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA