【麒麟麦酒の年収】アサヒ、サントリーより勢いない!?年収もやや劣勢か!?

麒麟麦酒ってどんな会社?

麒麟麦酒は、日本の酒造会社であり、国内ビール類シェア第2位です。ビール業界3強(他はアサヒサントリー)の一角でもあり、三菱グループの企業でもあります。

1950年代より、年間庫出量で国内トップシェアを獲得し、以降国内ビール企業の地位を確固たるものにしましたが、アサヒビールの「アサヒスーパードライ」の台頭により、2位に転落しました。

ビールメーカーは飲料系を扱う持株会社を持ち、その配下に主力であるビール事業会社を持っており、麒麟麦酒の場合は、キリンホールディングスが純粋持株会社でその傘下にキリン株式会社が中間持株会社として存在し、その配下の主力企業という立ち位置ではありますが、キリングループ唯一無二の中核企業です。

スポンサードリンク

麒麟麦酒の年収は!?

公表されている基礎データは、

平均年齢は39歳
平均勤続年数は17.5年
平均年収は894万円

となっており、年収事例は、

27歳 550万円 営業
30歳 700万円 管理部門
33歳 850万円 営業
43歳 1300万円 管理部門

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 400 37歳 816
24歳 428 38歳 836
25歳 458 39歳 857
26歳 490 40歳 878
27歳 524 41歳 914
28歳 569 42歳 950
29歳 617 43歳 988
30歳 670 44歳 1028
31歳 690 45歳 1069
32歳 710 46歳 1127
33歳 732 47歳 1189
34歳 754 48歳 1255
35歳 776 49歳 1324
36歳 796 50歳 1397

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

麒麟麦酒の年収は高い!?低い!?

今や、ビール事業は2位(1位はアサヒビール)に甘んじていますが、グループ全体の規模としては、飲料業界第1位です。その年収水準も非常に高く、製造業界の中でもビールメーカは総じて高めであることが言えます。現在は若者のビール離れということで、かつてより主力であったビール事業に加えて、ウイスキーやワイン等の事業拡大に各社力を入れています。
ちなみに、ビールでは2位、清涼飲料では日本コカコーラに軍配があがってはいますが、飲料全体としては1位なのです。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系食品・飲料・外食業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系食品・飲料・外食業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA