【アサヒビールの年収】ビールシェアNo1!年収もNo1?サントリーやキリンは?

アサヒビールってどんな会社?

アサヒビールは、日本の大手ビールメーカーであり、ビール類の市場においては国内シェアトップです。ビール業界3強(他はキリンサントリー)の一角でもあります。
1950年代日本のビール市場占有率で2位を維持していたが、1960年代から1980年代まで3位に転落し、シェア低下の中で4位寸前の低迷期でした。しかし1980年代後半になり、皆さんもご存知の「アサヒスーパードライ」発売以降、驚異的に経営状態を回復して1988年には2位となり、1990年代後半にはビール単独としては1位になりました。
ビールメーカーは飲料系を扱う持株会社を持ち、その配下に主力であるビール事業会社を持っており、アサヒビールの場合は、アサヒグループホールディングス傘下主力企業ということになります。

アサヒグループホールディングス傘下には、ビールのみならず、ワイン、ウィスキー等の種類事業(アサヒビールの1事業部)、清涼飲料を扱うアサヒ飲料、食品を取り扱うアサヒグループ食品等が存在します。

スポンサードリンク

アサヒビールの年収は!?

公表されている基礎データは、

平均年齢は40.9歳
平均勤続年数は15.2年
年収は879万円

となっており、年収事例は、

23歳 400万円 営業
29歳 550万円 営業
35歳 680万円 開発
37歳 950万円 営業課長
38歳 850万円 管理部門
41歳 950万円 営業課長補佐

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 400 37歳 821
24歳 424 38歳 846
25歳 449 39歳 871
26歳 476 40歳 897
27歳 505 41歳 942
28歳 545 42歳 989
29歳 589 43歳 1039
30歳 636 44歳 1091
31歳 662 45歳 1145
32歳 688 46歳 1191
33歳 716 47歳 1239
34歳 744 48歳 1288
35歳 774 49歳 1340
36歳 797 50歳 1393

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

アサヒビールの年収は高い!?低い!?

今やビール業界ではトップシェアを持っている企業だけあって、年収水準は高いです。一般消費者のイメージとしては、清涼飲料とビールだと、清涼飲料の方がマーケットも大きく、ビールはニッチであるイメージをもたれている方も多いとは思いますが、日本コカコーラ等を除いて、日本における飲料業界はビール事業が主力です。ビールを制するものが飲料業界を制すると言っても過言ではないのではないでしょうか。それくらいビールは日本、世界においてマーケットが大きいということです。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系食品・飲料・外食業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系食品・飲料・外食業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA