【三井住友海上火災保険の年収】単体で日本第3位!大手金融の中では年収は低い!?

三井住友海上火災保険ってどんな会社?

三井住友海上火災保険は、日本の損害保険会社であり、MS&ADインシュアランスグループ傘下子会社であり中核企業の一つ(もう一つは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)です。かつて、業界3位の地位を争い、強烈なライバル意識を持っていた三井海上と住友海上がメインバンクの合併に伴って合併に至りました。合併後は東京海上ホールディングスに続き、業界第2位となりましたが、業界第3位の損害保険ジャパンと激しい2位争いを展開しており、2010年に、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険と経営統合し、MS&ADインシュアランスグループとなりました。しかし、2014年に損保ジャパンと日本興亜損保の合併により現在、単体では業界3位となっています。

スポンサードリンク

三井住友海上火災保険の年収は!?

公表されている基礎データは、

平均年齢は38.4歳
平均勤続年数は11.7年
平均年収は716万円

となっており、年収事例は、

25歳 500万円 営業
27歳 600万円 営業
30歳 700万円 営業課長代理
32歳 1000万円 営業課長代理
35歳 950万円 営業課長代理
45歳 1500万円 支社長

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 350 37歳 994
24歳 385 38歳 1034
25歳 424 39歳 1075
26歳 466 40歳 1118
27歳 512 41歳 1174
28歳 574 42歳 1232
29歳 643 43歳 1294
30歳 720 44歳 1359
31歳 756 45歳 1427
32歳 794 46歳 1569
33歳 833 47歳 1726
34歳 875 48歳 1899
35歳 919 49歳 2089
36歳 956 50歳 2298

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

三井住友海上火災保険の年収は高い!?低い!?

損保ジャパンの合併前は三井住友海上が業界2位であったことから、日系一流企業には損保ジャパンでなく、同社を掲載しています。実際に、入社難易度も待遇も三井住友海上が勝っているようです。合併による規模拡大は、合併当初は待遇や、入社難易度等が合併前の状態と同じであることがしばしばあり、立ち位置としては、生命保険業界と同様に、絶対的な1位が東京海上日動火災(生命保険の場合は日本生命)であり、年収も次点として高めであるということが言えます。

スポンサードリンク

業界内での他企業の年収はこちら。
日系金融業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系金融業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA