【ボーズの年収】世界的な音響メーカで知られるボーズ社員の年収は意外にも!!?

ボーズってどんな会社?

ボーズは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授アマー・G・ボーズが、MITのスタッフと共にスピーカーに関する独自技術を開発し、MIT学内に設立されたボーズ・コーポレーションの日本法人です。同社の主要製品としては、スピーカーをはじめとする様々な音響機器であり、独自の基準による高い技術力により世界的に高い評価を得ています。一般消費者にとってはなじみがありませんが、現在は音響機器に留まらず、産業用機器や自動車用サスペンションシステムに至るまで研究開発を手がける会社です。

上述のように日本でもボーズ株式会社以外にも車載用専用設計オーディオシステムを専業とするボーズ・オートモーティブがグループ会社として存在します。

スポンサードリンク

ボーズの年収は!?

年収事例は、

28歳 480万円 マーケティング
30歳 600万円 営業
33歳 1000万円 営業
35歳 550万円 課長代理

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 420 37歳 747
24歳 433 38歳 770
25歳 446 39歳 793
26歳 459 40歳 817
27歳 473 41歳 849
28歳 506 42歳 883
29歳 541 43歳 919
30歳 579 44歳 956
31歳 602 45歳 994
32歳 626 46歳 1043
33歳 651 47歳 1096
34歳 677 48歳 1150
35歳 705 49歳 1208
36歳 726 50歳 1268

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

ボーズの年収は高い!?低い!?

外資系らしく職能給であるため、実力があれば早い出世により高い年収を得ることも可能なようです。業界内の水準から考慮すると高めのようですが、他の業界の外資系企業と比べるとやや劣るようです。音響機器としては世界最大クラスのメーカーだけあり、グローバルレベルの水準は期待できそうです。

スポンサードリンク

業界内での日系他企業の年収はこちら。
日系電機、機械業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系製造業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA