【キャタピラージャパンの年収】コマツと激闘する世界最大建機メーカーの年収は!?

キャタピラージャパンってどんな会社?

キャタピラージャパン は、アメリカ合衆国イリノイ州に本社を置く建設機械、鉱業機械、エンジン開発を主力事業とする世界最大建機企業であるキャタピラーの日本法人です。創業初期から現在に至るまで世界シェアが圧倒的に1位であり、建設機械の巨人と称されることもあります。(2位は日本企業である小松製作所)。

日本への進出は現在の三菱重工業と提携することから始まり、現在では、米キャタピラーの完全子会社ですが、近年まで三菱重工業の傘下という位置付けでもありました。日本では上述の小松製作所(コマツ)や日立建機がライバル企業となっており、日本シェアはコマツには及びません。今後のコマツとのシェア争いは、アジアやアフリカ等の発展途上国への進出、勢力拡大が大きな勝敗を分けるポイントとなるでしょう。

スポンサードリンク

キャタピラージャパンの年収は!?

年収事例は、

27歳 450万円 設計
30歳 600万円 管理部門
34歳 700万円 主任
41歳 1200万円 営業

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 350 37歳 789
24歳 371 38歳 828
25歳 393 39歳 870
26歳 417 40歳 913
27歳 442 41歳 941
28歳 486 42歳 969
29歳 535 43歳 998
30歳 588 44歳 1028
31歳 612 45歳 1059
32歳 636 46歳 1122
33歳 662 47歳 1190
34歳 688 48歳 1261
35歳 716 49歳 1337
36歳 751 50歳 1417

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

キャタピラージャパンの年収は高い!?低い!?

もともと日系の血が流れていることもあるため、外資系最大建機企業ではありますが、そこまでの待遇は期待できません。日系の同業他社と比べれば、やや高水準のようですが、コマツに代表されるように建機業界自体の水準が高くないため、取り立てて高いわけでもありません。また、建機業界は先進国では飽和状態であり、新興国等の海外戦略が肝となる中では、敢えて外資系の日本法人という立場で日本市場を担当するよりも、コマツで全世界の市場を相手にした方がやりがいも大きいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

業界内での日系他企業の年収はこちら。
日系電機、機械業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系製造業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA