【セールスフォースドットコムの年収】ノリに乗っているクラウド!まさかの年収は?

セールスフォースドットコムってどんな会社?

セールスフォースドットコムは、アメリカのカリフォルニア州に本社を置く、クラウドコンピューティングサービスの世界最大手企業であるセールスフォース・ドットコムの日本法人です。とくに顧客管理におけるCRM(カスタマーリレーションシップマネージメント)のマーケットに強みを持ち、ソフトウェア会社としても世界10位の規模にまで急速に拡大しました。最近では、CRMソフトの SaaS ベンダーとしてだけでなく、PaaSによるカスタムアプリケーションの構築に力を入れており、サービスラインが拡大しています。日本でも大企業の導入実績が多々あり、日本市場でもかなりの強みを持っています。

世界有数の経済誌であり、世界長者番付を発表することで有名なフォーブス誌でも「世界で最も革新的な企業」ランキングで4年連続で1位に選ばれています。

企業のCEO、CTOであれば誰もが知るであろう同社が何故このような急スピードで発展したのかについてですが、これは主力事業であるクラウドサービスによるものです。最近よくネットやテレビ等で聞く言葉となりましたが、この「クラウドサービス」とは何なのかご説明します。

クラウドサービスってどんなサービスなの?

「クラウドサービス」とは、正確には「クラウドコンピューティング」のことであり、そのクラウドコンピューティングという利用形態で行うサービスをクラウドサービスと言います。

例えば、あなたが使用しているパソコンでWordやExcelを使用するとき、予めマイクロソフト社からソフトウェア(WordやExcelが詰まったOffice製品)をインストール(保存)してそのパソコン上で使っています。そして、作成した文書やExcelの計算ファイルは自分のパソコンに保存していることと思います。

対して、クラウドコンピューティングはインターネットに繋がっている別の(別の場所に存在する)コンピューター(多くはサーバー)にOffice製品や、文書、Excelの計算ファイルを持たせ、必要なときに自分のパソコンからインターネット経由でその遠隔地にあるサーバーにアクセスして、そのサーバー上でその文書を修正したり、新たに文書を作成します。

インターネットで繋がっている「別のコンピュータ(サーバーと呼びます)」に、これらの機能(ソフトやデータ保存)を持たせておいて、必要な時にパソコンからインターネット経由でその機能を使うことができます。

このように、クラウドコンピューティング形態を使って提供されるサービスを「クラウドサービス」と言い、身近な使用例としては、「Yahoo!メール」や「Gmail」のようなWEBメール(メールファイルが自分のパソコンに保存されてるわけはないですよね。)、「Dropbox」や「Evernote」のようなデータ(ファイル)を保存できるサービスがあります。

少し横道にそれてしまいましたが、そんなサービスを主力事業として行っている同社の年収を見ていきましょう。

スポンサードリンク

セールスフォースドットコムの年収は!?

年収事例は、

30歳 800万円 担当営業
32歳 1150万円 営業
33歳 700万円 営業
36歳 1300万円 人事

となっています。これらの情報を考慮し、年齢毎の年収目安は以下となります。

スポンサードリンク

年齢 年収 年齢 年収
23歳 450 37歳 1093
24歳 486 38歳 1120
25歳 525 39歳 1148
26歳 567 40歳 1177
27歳 612 41歳 1194
28歳 673 42歳 1212
29歳 741 43歳 1230
30歳 815 44歳 1249
31歳 856 45歳 1268
32歳 898 46歳 1293
33歳 943 47歳 1319
34歳 990 48歳 1345
35歳 1040 49歳 1372
36歳 1066 50歳 1400

(※これらの年収は、本サイト独自の計算方法にて算出しています。従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。)

セールスフォースドットコムの年収は高い!?低い!?

流行のクラウドサービスを提供している会社だけあって、給与水準は高めのようです。ただ、この会社はコミッション制を採用しており、人により年収のばらつきがあることも事実です。クラウドサービスは今後も成長産業ですので期待が出来ますが、歴史が短く15年程度の会社であり専業企業であるため、規模もIBMHP等と比べるとあまりにも小規模であるため、安定を求める方には向かない企業だと思います。ただ2000年前後に起業された企業の中で最も成功している企業の一つであるため、その魅力に惹かれ人気が高いのではないでしょうか。2015年現在、かなり数の中途を積極採用しているようですので、クラウドサービス、先端技術に興味のある方はチャレンジする価値はあります。

スポンサードリンク

業界内での日系他企業の年収はこちら。
日系IT業界の年収

業界内での外資系企業の年収はこちら。
外資系IT業界の年収

【学生の方へ】

就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。

そんな就活生にとても有益な情報があります。管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。こちら無料で登録できますので、ぜひとも、アンテナを広げてください!!お金等のリスクがなく、アンテナを広げることにマイナスな事はあり得ません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【転職を考えていらっしゃる方へ】

以下は管理人も使用しているお勧め転職サイトです。日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA